« さよなら 火の見櫓 | トップページ | 3月の営業日 »

2010年2月18日 (木)

もな子の箒(ほうき)

登場人物(?)
 
もな子 いつもは、山田屋のショーウケースにいる松茸最中で
      時々、出てきて、女将さんとおしゃべりをするのが楽しみ。
 礼子  山田屋の女将。
      いきなりのもな子の出現に驚くも、
      結構、もな子とのおしゃべりを楽しんでいる。
 
お松  山田屋のアルバイト。(本日、初登場)
*************************************  Photo_4

もな子:こんにちは(*^-^*)
礼子:はい、こんにちは。

: 女将さん、これ、もらっていいかな。
礼 : これって、何?
: 箒(ほうき)。
      もな子にぴったりの大きさなんだもの。
      最近、お掃除風水に凝ってって
   新しい箒(ほうき)が欲しかったの~o(*^▽^*)o
礼 : ああ、これね。
    これは、箒(ほうき)じゃなくて、
   焼きまんじゅうにタレを塗るハケなのよ。
    お土産用の焼きまんじゅうの箱の中に
   入れるものなのよ。
: なんだ、箒(ほうき)じゃないんだ
    でも、これ、
   箒(ほうき)の先っぽみたいだよ。

礼 : そうよ、材料は同じだからね。
    これ、ひとつひとつ手作りなのよ。
    今は、注文を出して作ってもらっているけど、
    昔は、お店で作っていたの。
      社長さんは、朝、小学校に通学する前に、
    ハケ作りのお手伝いをしてから
      学校に行っていたんだって。

    ほら、こっちのハケ、Photo_5
      形がちょっと違うでしょ。
    右が、昔、お店で作ってたハケで、
      左が、今のもの。
      もな子ちゃんが、箒(ほうき)と間違えたもの。

お松:えー、そうだったの?!知らなかったーーーー。
   う~ん、こっちのハケ、懐かしいなあ。
      (しみじみ)

: …って、いきなり出てきたあなたは誰ですか?

: アルバイトの「お松お姉さん」です。
: 「お姉さん」と言うには、
   かなり図々しい年齢のように見えますが…(`ε´)

: あら、ばれちゃった?
      そうだよね。ここの社長さんと同じ年だもの。
   同級生で、小学校のときは、
   席が隣だったこともあるのよ。
   しかし、
   お店の手伝いをよくする子だったのは知ってるけど、
   学校に来る前に、そんな仕事までしてきていたとは、
   さすが、二宮金次郎

: なんで、いきなり二宮金次郎が出てくるの?

: 社長さんの子供の頃のあだ名が、
   二宮金次郎を略して二の金だったの。
   昔は、小学校の校庭に、
   薪を背負って本を読む二宮金次郎の像があって、
   二宮金次郎といえば
   勤勉、勤労の象徴だったからね。

: そうなのか、納得。
      社長さんって、昔から、働き者だったんですね。

: でも、女将さん、
   今の時代、プラスチック製のハケもありますよね。
   どうして、未だに、これを使っているんですか。
礼 : 別に、プラスチックでもいいんだけど…
      うちの商品は、全て天然の素材にこだわってるから、
      商品には添加物などは入れてないのよね。
   だから、ハケも天然のもののほうが、
   うちの焼きまんじゅうには、しっくり来る気がして、
   それで、これにこだわっているの。
: う~~む、
   そんな細かいところまでこだわりがあったとは、
   知りませんでした。
   恐れ入りました。

礼 : それに、これ、タレを塗って使った後、
   洗っておいて、お菓子作りのときに
   バターを塗ったりするのに使えて便利なのよ。
   使っているうちに、柔らかくなってきて、
   使いやすくなるのよ。
: へー、そうなんだ。
   私も今度、使ってみようかなあ。
   あ、でも、その前に、
   お土産用の焼きまんじゅうを買わないといけませんね。

***********************************

番外編

 : えーと、私事で恐縮なのですが
        私、お松も、個人的に書いている自分のブログで
    山田屋の刷毛のことを、書かせていただきました。
        興味のあります方は、こちらもどうそ。

« さよなら 火の見櫓 | トップページ | 3月の営業日 »

女将のブログ」カテゴリの記事