« 5月の営業日 | トップページ | 大光院の花まつり »

2010年5月 1日 (土)

焼まんじゅうの美味しい焼き方

************************
登場人物(?)
もな子:山田屋のショーケースの松茸最中。
    時々、お店に現れておしゃべりしていく。
焼まんじゅうマン:
   店頭の焼まんじゅうの人形。
礼子:山田屋の女将。
お松:山田屋のアルバイト。
**************************

    もくもくもく・・・
もな子:ごほごほごほ・・・
礼 子:もな子ちゃんったら、
     七輪なんか持ち出して
     一体どうしたの?
     煙だらけじゃないの。
もな子:ゲホゲホ・・・
    あ、女将さん、ゴホゴホ・・・
    煙が目にしみるよー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
    お土産用の焼まんじゅうを
    焼く練習をしようと思って
    七輪を買ってきたのo(*^▽^*)o
お 松:ゴホゴホ・・・
    明日、知り合いがもな子ちゃんの家に
    焼まんじゅうを食べに来るんだそうです。
礼 子:それで、練習っていうわけね。
    でも、どうして、七輪なの?
もな子:だって、美味しく焼くには炭ですよ!
礼 子:もな子ちゃん、
    フライパンで充分、美味しく焼けるから
    大丈夫よ。
もな子:えっ?普通のフライパンでいいの?Σ(゚д゚;)
    あーん、折角、七輪を買ったのにー。
お 松:フライパンで焼けるんですね・・・
礼 子:えっ、まさかお松さんも
    七輪で焼いていたの?(^_^;)
お 松:いえ、さすがに七輪では焼いていませんが
    オーブントースターで
    パンを焼くみたいに焼いてました。
    焦げ目が付くまでじっくり焼いて
    タレをつけたんですけどね・・・。

礼 子:美味しくなかったんじゃないの?
お 松:そうなんですよ!
    お店で焼いてもらったのはふかふかで、
    美味しいのに、お土産用のおまんじゅうを
    自分の家で焼くと
    固くなっちゃうんですよ。
    やっぱり、お店みたいに炭で焼かないと
    美味しくないのかなって。
    実は、もな子ちゃんと、同じこと考えてました。

礼 子:焼きすぎちゃったのね。
    焼まんじゅうはね、
    弱い火で時間をかけて焼いてしまうと
    固くなっちゃうのよ。

    おうちで美味しく焼くには
    ちょっとコツがあるのよね。
   
焼まんじゅうマン
    ジャ、ジャーン!
    焼まんじゅうのことなら、私の出番ですね。

    美味しい焼き方のコツは、
    ずばり「強火でさっと」なのです。

    ポイントその1
     あらかじめ、フライパンを充分に熱しておきます
    ポイントその2
     油はひきません
     (テフロンのフライパンがお勧めです。)
    ポイントその3
     軽く焦げ目が付く程度に焼く。
     焼きすぎないこと。

    調理器の火力にもよりますが
    焼き時間は、
    片側40秒から1分半くらいでしょうか。
    片側に軽く焦げ目が付いたら
    裏返して、反対側も焼いて、
    タレをつけて、お召し上がりください。 

お 松:中まで火が通るようにって
    時間をかけて充分焦げ目が付くまで焼いてましたが  
    軽く焦げ目が付く程度でよかったんですね。
 
礼 子:これで、お松さんも、次からはおうちで焼いても
     美味しく焼まんじゅうが食べられるわね。
お 松:はい、やってみます。
    ところで、焼まんじゅうの美味しい焼き方を
    知りたかったのは
    私より、もな子ちゃんのはずなんだけど、
    あれ?もな子ちゃんは?
焼まんじゅうマン
    もな子ちゃんは、こちらで、
    一生懸命、メモを取っていますよ。

もな子:メモメモ・・・φ(・ω・ )メモメモ

礼 子:もな子ちゃんにしては珍しく
    随分と真剣なのね。
もな子:あー、女将さんひどい!(`ε´)
     「珍しく」は、ないでしょ。
     だって、彼に
     「もな子の手料理を食べにきてください」って
     言っちゃったんだもの、
     腕によりを掛けて焼かなくちゃ!(≧∇≦)

礼 子:えっ?もな子ちゃん、彼がいたの?w(゚o゚)w
もな子:うー、ひどいー。
     もな子だって、お年頃だもの~
     彼くらいいますよヽ( )`ε´( )ノ
     さてと、帰って、フライパンで練習しようっと。
     じゃ、女将さん、さようなら~。

礼 子:あ、はい、さようなら…
    もな子ちゃんに彼がいたとは
    ちょっとビックリよね。
お 松:それもそうですが、それよりも
    焼まんじゅうを焼くのって
    手料理になるんでしょうか?
礼 子:それは、微妙なとこかもね(笑)。

******
詳しい焼き方は、
元祖呑龍山田屋本店のホームページ
美味しい焼き方」に画像入りで出ているので、
合わせてご覧ください。

Photo
     

« 5月の営業日 | トップページ | 大光院の花まつり »

女将のブログ」カテゴリの記事