« 大光院の菊と紅葉 | トップページ | ブータン王国 »

2011年11月18日 (金)

この頃昔なじみのお客さまから

おかあさん(亡くなった主人のお母様)に似てきたね

話し方も仕草もそっくりだ!と声をかけられます。

私にとっては、もったいない程の光栄で言われるたびに胸がキュンです。

まだ山田屋に入る前

お正月は忙しくてお昼がつくれないと聞いて

カッコつけてオシャレな3段重ね弁当をつくり

意気揚々と差し出しました。

おかあさん曰く・・・

「この忙しいときに箸なんてつけていられないんだよ

片手で食べられる塩結びにしておくれ」

てっきり喜んでいただけると思った私は恥ずかしくて

次の日は小ぶりのおむすびをたくさん作ってもって行きました。

おかあさんはニコニコして受け取ってくれて

「そうそう、これで良いの  忙しい時は忙しいなりに簡単に食べられるものを

考えなけりゃダメだ 何かをするときは相手の立場に添って考えなきゃね

とても美味しいよ」

おかさんに褒められたことで舞い上がってしまった私・・・

少しの間 塩おむすびはマイブームとなりました(笑)

おかあさんが亡くなって はや4年・・・

大光院の菊の時期になると思い出し泣きそうになります。

「女将がしっかりしなきゃ駄目なんだ

老舗は甘くないんだよ」

そんな言葉を思い出します。

天国のおかあさん 私はおかあさんに近づけますか

山田屋を守っていきたいんです

見守って導いてくださいね

さて今日も頑張ります

お客様お待ちしております。 

« 大光院の菊と紅葉 | トップページ | ブータン王国 »

女将のブログ」カテゴリの記事