« 10月の休日 | トップページ | 今年も終わりですね »

2013年10月 3日 (木)

もうすぐ松茸道中です。

10月6日 日曜日

松茸道中が行われます。

当時の松茸道中を再現し

役人と運び手に守られての行進です。

一抱えもあるほど大きく作られた松茸が可愛いんです。

11時大光院出発で山田屋前を通ります。

また山田屋では松茸道中にちなんだ松茸の形の「松茸最中」を販売しております。

9個入り1200円 18個入り2400円

またお店でお茶と一緒にお召し上がれます。(一個120円)

★太田松茸道中の由来★  <パンフレットより抜粋しました。>

江戸時代の初め、金山から沢山の松茸が採れました。

寛永6年(1629)館林城主の松平忠次が、将軍徳川家光に献上したのが

始まりと伝えられています。

彼岸から10月にかけて金山山中の40ヶ所ほどで生え出た松茸は

山守りの御林守(おはやしのかみ)の家に集められます。

そして献上の日になると竹籠に詰められ

老中の証文写しを添えて江戸城まで運ばれました。

太田を朝9時に出発、中継で人足を交代し休みなく運ばれ

江戸城到着は翌朝5時を例としました。

この搬送は松茸道中と呼ばれ

大名と同格といいますから威厳は大したものだったようです。

鮮度保持のため搬送時間20時間ということからも威勢は

伝わってきます。

明治以降は皇室へ引き継がれ昭和30年代まで続けられました。

現在では松茸はとれなくなってしまいましたが

献上松茸と松茸道中は語り継げていきたい

郷土の大切な歴史のひとこまです。

« 10月の休日 | トップページ | 今年も終わりですね »

女将のブログ」カテゴリの記事